漢字検定2級 問題集 絶対合格サイト

当サイトは漢字検定2級合格研究会監修のもと、当サイトの内容をマスターすればテキストを買わなくても合格できることを目指し構成されています。工夫の一例としては、漢字検定2級の出題範囲は常用漢字すべてのため1945字あります。しかし実際に出題される問題は7割が2級配当漢字337字です。ですので2級配当漢字を最重要漢字として集中的に掲載しています。また、自分の弱い分野を予想問題で把握し、集中的に弱点克服ができるよう分野ごとに問題集を作っています。 解答には簡易解説もありますので参考にしてください。

 

 

 

当サイトのオススメ活用例

 

1.本番形式の予想問題を解き現在のレベルを知る

 

2.得点率の低かった分野の問題集を解きレベルを上げる

 

3.再度予想問題を解き、合格レベルに達したことを実感し、自信を持って本番に臨む

 

※間違えた問題は必ず復習し、意味のわからない熟語などは意味も調べるようにしましょう。

 意味がわからないと解き難い問題が出題されています。

 

 

 

漢字検定のメリット

全国の大学・短大の入試で「漢検」が評価指標の対象になっています。

 

2011年度入試において、「漢検」取得を人物評価、能力評価の基準のひとつとしている大学・短期大学は、 全国で460校1017学部・学科あります。(2011年1月12日発表・当協会調べ)
評価内容は学校によって異なりますが、中には一般入試で「漢検」を評価する学校や、理系の学部で評価対象に採用するところもあります。

 

 

 

高校入試で漢検取得者を評価しています。

 

高校入試において、生徒の能力を学科試験の成績だけでなく、多面的に判断する材料として、また、必須能力の習得を客観的に証明するものとして、漢検は幅広く利用されています。
評価の内容は、出願書類などに記載されていれば参考にするというものから具体的に点数加算を行うものまで、学校により様々です。

 

 

全国の高校で単位認定制度導入 

 

資格や特殊技能などを取得すると、高校の単位として認められるのが「単位認定制度」です。
これは、全都道府県の教育委員会から各学校にガイドラインや基準が通達されています。 それに基づき、「漢検」取得を増加単位として認めている高校が増えています。 その内容としては、国語総合で2級を2単位として認定するケースが多いようですが、3級・準2級も認定単位数を変えて認定する学校もあります。

 

 

漢字検定2級のレベル、合格率、受験者数、必要勉強時間などの詳細はコチラ

23年度漢字検定2級受験情報はコチラ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



このホームページはJimdoで作成されました

Jimdoなら誰でも簡単にホームページを作成できます。レイアウトを選んだら、あとはクリック&タイプでコンテンツを追加するだけ。しかも無料!
Jimdo jp.jimdo.com であなただけのホームページを作成してください。


更新情報

更新履歴はコチラ

当サイトは24年度からの新審査基準に対応しています。詳しくはこちら

学び系広告

新卒・既卒・第二新卒の就職をサポートする“いい就職.com”
にほんブログ村 資格ブログ 漢字検定・数学検定へ

漢字検定2級 問題集 

絶対合格サイト

漢検2級の予想問題・過去問題を掲載しています。充実した解説付き。漢検2級合格!

【その生き方に、合う仕事(TM)】人気のオフィスワークならインテリジェンスの派遣